子供口臭によっては〇〇病の可能性も・・・?!

 

子供の口臭は主に「唾液の減少」によるもの(生理的口臭)が割合としては80〜90%を占めていますが、病気によって引き起こされているものも要因の一つにあります。

 

こちらでは、そんな子供の口臭にまつわる病気の種類と、その特徴、口臭発生原因について解説していきたいと思います。

 

【歯周病】

歯周病とは、歯と歯茎の間に歯石や歯垢が付くことで膿がたまることです。初期の内は痛みが発生することがなく、気づくことがあまりありません。

 

症状

 

・歯茎からの出血
・歯石の付着
・歯茎の沈下
・歯が染みる
・歯茎から膿
・歯茎の腫れ

 

口臭発生原因

 

歯周病が進行すると同時に、歯周プラークという歯と歯茎の間の溝が大きくなります。その隙間に細菌が溜まり、食べかす・唾液・血液などに含まれるたんぱく質が細菌を分解することによって口臭成分「硫黄化合物」「メチルメルカプタン」が発生します。

 

一度歯周病が発生すると自分での対処は難しいので、歯科などの専門機関での診療をおすすめします。

 

 

予防法

 

歯周病の予防方法はシンプルです。それは毎日のケアです。
プラーク(歯石)をつかないように、毎日の歯磨きを丁寧に行う事が、歯周病の最も効果のある予防方法です。

 

歯石はいわば、軽石のように穴が無数に開いている状態。そこに細菌が付着しやすく、歯周病の温床となるのです。

 

もう一つの歯周病の予防策は、プラーク(歯石)を除去すること。

 

プラークは、いくら歯磨きを丁寧にしたとしても、徐々に付着してしまいます。
プラーク除去は歯科で簡単に行えますので、定期的にプラークを砕き、除去してもらうことをお勧めします。

 

【虫歯】

 

虫歯は、欠けたりぽっかり空いた穴の形状により、健康な歯よりもものが挟まったり、詰まったりしやすくなります。
詰まったものが取れたとしても、歯磨きのブラシが届かないなどの理由により虫歯の進行を止めることはできません。

 

しっかりと歯科に行き、進行しないように治療を受けることが先決です。

 

症状

 

・壊疽臭(肉の腐った臭い)
・歯痛
・歯が黒く、穴が開く

 

 

口臭発生原因

 

詰まったり挟まった食べ物が取れれば良いというわけではありませんが、詰まった食べかすは虫歯菌や口臭を発生させる細菌の好物で、口臭物質を発生させる原因になります。
また、虫歯の穴はきれいに開いているわけではないので、歯磨きの磨き残しが発生し、細菌の口臭物質生成が進みます。

 

 

予防法

 

毎日の歯磨きをしっかり行い、虫歯菌の餌になる「食べ残し」をなくすことが重要です。

 

医学的根拠は未確認ですが、マウスtoマウスのやりとりや、同じ食器等を行わないことも、虫歯を予防する一つのポイントの可能性があります。
生れた時は口腔内に虫歯菌がいないと言われています。虫歯菌が移る要因としては、親と同じ箸を遣ったり、食器を使いまわしたりすること等が考えられています。

 

目に見えないものだからこそ、注意が最も必要だと言えるでしょう。

 

【副鼻腔炎(蓄膿症)】

副鼻腔炎は蓄膿症と同意義です。鼻の入り口は狭いですが、奥は広く広がっています。その鼻の奥にある副鼻腔といわれる部分が炎症し、膿が発生している状態を指します。
鼻が鼻水でふさがることで、鼻水に含まれる細菌等が増加し、炎症すると言われています。

 

症状

 

・黄色の鼻水
・頭痛
・鼻のつまり
・頬、目の周りの痛み
・肉の腐ったような口臭

 

口臭発生原因

 

比較的大人と比べて子供は副鼻腔炎(蓄膿症)にかかりやすく、口臭に繋がりやすい特徴があります。
副鼻腔炎(蓄膿症)はその名の通り、鼻の奥などに膿がたまる病気です。

 

この膿が口臭を発生させます。また、副鼻腔炎(蓄膿症)は同時に鼻が詰まるので、必然的に口呼吸になります。
口呼吸は、別ページでも解説していますが、それ自体口臭の原因になります。

 

したがって悪循環になりやすいので注意が必要です。

 

予防法

 

副鼻腔炎(蓄膿症)は、鼻が常に鼻水で詰まっているとリスクが高まります。その理由は鼻水の細菌が増えて化膿しやすいためです。

 

比較的風邪の延長線上で罹患しやすいので、予防法としては風邪をひかないようにするというのも一つのポイントです。
花粉などのアレルギーでも罹患する可能性があるので、万が一口臭や顔の痛みなど、異変を感じたらすぐ病院に行くことが重要です。