よく噛まない子供は口臭がきつくなる?!その理由と対策方法について

子供の夜更かしは健康に悪影響を及ぼすものですが
口臭にも影響があるということは知っていますか?
今回は夜更かしがもたらす子供の口臭について
詳しくお話していきたいと思います。

 

 

◆夜更かしは唾液の分泌に影響を与えてしまいます!

 

唾液を分泌している唾液腺は自律神経と大きく関係しています。

 

▼自律神経による唾液の特徴

 

自律神経には2つの神経があります。
活動あるいは興奮しているときには交感神経
リラックス状態では副交感神経が働いています。

 

副交感神経が働いているときには心拍数が減少し
消化機能のために唾液が多く分泌されます。

 

交感神経が働いているときにも唾液は分泌されていますが
少量かつ粘液性のベタついた唾液が特徴的であるのに対し
副交感神経のときにはサラサラした唾液が分泌されています。

 

▼口腔環境を整えてくれるのは副交感神経による唾液

 

唾液には自浄作用や殺菌作用などがありますが
こうした働きによって口腔環境を整えてくれるのは
主に副交感神経による分泌される唾液です。

 

副交感神経が働いているときの唾液は
口腔内を中和する働きである唾液緩衝能が
交感神経によって分泌される唾液の30倍もあります。
つまり、虫歯予防や口臭予防に効果が高いのです。

 

夜更かしして活動していると交感神経ばかりが働いて
唾液の質が低下してしまう恐れがあるため
自律神経の未熟な子供の夜更かしには注意が必要です。

 

しっかり唾液を分泌して正常な口腔環境を保つためにも
夜更かしすることなく十分に睡眠をとるようにしたいですね♪

 

 

◆夜更かしは口腔トラブルに悪影響を与えるって本当?

 

家庭によって子供の就寝時間は異なると思いますが
夜更かししていると食べ物や飲み物を口にする機会が多くなります。
飲食をすれば口腔内に食べかすが増えますよね。
食べかすは虫歯や舌苔が増える原因になります。

 

さらに、食事によって口腔内は酸化します。
酸化した口腔ではプラークが残りやすいために虫歯ができ
やはり舌苔も増加してしまうことになります。

 

このように、夜更かしすることで口腔トラブルが増加して
それを原因として口臭も強くなります。

 

睡眠不足によって唾液量が減少し、口腔トラブルが増える。
夜更かしは子供の口臭にとって悪影響になるということが分かりますよね。
子供には決まった時間までしか飲食をさせないようにし
睡眠を十分とるようにサポートしてあげるのが良いでしょう。

 

 

◆朝の口腔ケア習慣で口臭を予防しましょう!

 

子供の口臭は夜更かしによる影響が大きいと話してきましたが
睡眠中は細菌が繁殖しやすい時間であるため
朝起きてからの口腔ケアは非常に重要な意味を持っています。

 

起床直後の口臭は「モーニングブレス」と呼ばれるもので
どんな人であっても起こる強い口臭です。
特に口腔内がネバついていたり、不快感がある場合には
他人にも気づかれてしまうほどのにおいが発生している可能性があります。

 

睡眠中は虫歯菌、歯周病菌などの嫌気性細菌が繁殖を繰り返しています。
口腔内に少しでも食べカスや汚れが残っていると分解するために細菌が活動し
口臭の原因となる硫化水素などのニオイ物質を産生してしまいます。

 

ニオイ物質の濃度が最も高くなるのが起床直後であるため
朝の口腔ケアが不十分だと、1日中口臭が続いてしまうというわけですね。

 

▼朝の口腔ケアで細菌を減らす

 

朝の口腔ケアはなによりも、口腔内の細菌を減らすことが大切です。
一番効果的なのは歯磨き→うがいとなりますが
それが難しい場合にはうがいだけでも効果があります。

 

起床してすぐに何度かうがいをして
口腔内に増えた細菌を減らすようにしましょう。
殺菌効果の高いマウスウォッシュなどを使うと
より効果を高めることができるのでおすすめです。

 

▼朝食を食べることも大切!

 

朝は唾液量が少なく、口腔内が乾燥しています。
朝食を食べると咀嚼によって唾液が分泌されるため
唾液の自浄作用や殺菌作用によって細菌が減ります。

 

できるだけ朝食を抜かないようにすることも
口腔ケアとしては有効なのです。

 

▼舌ブラシで舌苔のケアをする

 

子供は舌苔が濃くなりやすいため、舌ブラシを使って
舌苔のケアをするのも効果的です。
使い方を間違えると余計に増えてしまいますから
お母さんが優しくブラッシングしてあげると良いでしょう。

 

子供の口臭を改善するためには口腔ケアが欠かせませんが
身支度や家事などに追われているお母さんやお父さんにとって
毎朝の口腔ケアを徹底することはとても大変だと思います。

 

子供がいつもギリギリの時間に起きてくるし
のんびり支度をするから歯磨きなんてできない!という親も多いはず。

 

口腔ケアはしないよりもした方が絶対に良いものなので
歯磨きができないならうがいをする
うがいができないなら口腔ケアタブレットを使う
といったように生活に合った方法で取り組んでみましょう。

 

それぞれの家庭で生活スタイルは違うものですから
柔軟に対応して、ストレスなく口臭予防することが
親子ともに一番良い方法なのではないかと思います♪

関連ページ

子供の口臭にはストレスは関係しますか?改善・治りますか?
子供の口臭は大人と一緒で、ストレスも大きく影響するのはご存知ですか?ストレスがいかに子供の口臭に影響するのかを解説していますのでご覧ください。